読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに

気ままにブログ更新をしています。

大学生ぼっちが想像以上に悲惨すぎる件

高校との違い

 大学では高校のようにクラスと言うものがありません。その為、毎回の講義で同じ人と一緒になると言う事がなく、自然と仲良くなると言ったことはとても難しいです。しかも、気付いた時には周りにはグループが出来始め、日が経つごとに友達を作るのは大変になっていきます。自分から行動することが大切で、積極的に会話するように心がけましょう。

 

http://gahag.net/img/201601/16s/gahag-0046543385-1.jpg

 

ぼっちになると

 大学での友達は、ただ仲の良い関係だけでなく様々な情報共有などすることもある為、ぼっちとリア充とではかなりの差が出てしまいます。ぼっちは一人で頑張っても単位を落とす、リア充は遊びまくってても先輩から情報を貰う事で単位を落とさない、なんてこともありえます。

・レポート

・テスト

・先生

・ゼミ

・サークル

と今挙げられるだけでもこれだけの情報で差が付いてしまいます。ぼっちになることがどれだけ不利な事なのかを知る必要があります。

 

講義内でのぼっち

 大学の講義では、座席自由な教室がほとんどの為周りでは友達と座っているが、自分は一人で座っているなんてことになります。一人の方が良いと思うかもしれませんが、大切な情報やテスト前の情報を確認する時に、ぼっちは誰かと確認することが出来ません。また、休むことでその日の講義に何があったかを知ることが出来ないのです。友達が居れば、プリントを貰ったりノートを写させてもらう事が出来ます。体調管理をしていても、風邪をひくときにはひきますし、体を壊すことはあります。そういった事をしっかりと考えることが大切です。

 

テスト前でのぼっち

 大学生活で一番大切なことは、単位を落とさないことです。必修科目の単位を落とすと留年してしまい、奨学金を借りている人は大学を辞めなければいけないことになる可能性があります。ぼっちは、テストの時に他の人たちとの差がありかなり勉強をしなくてはいけないことになります。友達が居れば、テストの勉強、先生が出るといった範囲を共有することや先輩からの情報を知ることが出来有利になります。

 

大学でぼっちになってはいけない

 大学生活でぼっちになることは、マイナスが大きく楽しい大学生活を送ることが困難になります。ぼっちにならない為に、必死になって友達を作るようにしましょう。