読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに

気ままにブログ更新をしています。

国民年金を貰わないから、払わないは出来ない理由とは

大学生

はじめに

 大学生になると、年金を払わなければならない年になります。学生で収入がないから、払わないと言うことは出来ません。20歳になった人は、強制的に支払わなければいけないのです。国民年金は、自分は貰わないから払わないと言うことは出来ず、強制的に加入させられてしまうことを知っておきましょう。

 大学生で払えないから無理、払わないではなく、学生納付特例制度と言うものがあるのでそれを活用するようにすると良いです。それを申請することで、学生の内は年金を払わなくて良くなります。しかし、猶予である為働き始めた時に学生の時に払って無かった金額を払わなけらばいけません。

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/freee151108039472_TP_V.jpg

 

年金は貰える

 年金はどうせ貰えないのだから、払うのをやめてしまおうと考えている人は危ないです。年金は、100年継続させるように設定されていることを知りましょう。確実に貰えますが、年金支給年齢が変わったり支給額が変わるなどのことはあると思います。

 しかし、年金を貰えない生活と貰える生活ではとても大きな差が出てしまいます。今、払わないことによって何十年後かに後悔してしまうことになります。年金を多く貰うためには、しっかりと支払いをしなければいけないのです。

 高齢社会で、年金制度は破綻していると考えている人はしっかりと払うようにしましょう。いずれは破綻するかもしれませんが、自分が支給される時には残っているかもしれません。後悔することがないように、年金はしっかりと払うようにしましょう。

 

学生は払わなくてもいい、しかし猶予

 大学生の内は、申請をすることで払わなくて良いことになります。しかし、申請をしなければ支払いをしなければいけませんし、払わなくていい事にはなりません。

猶予

すぐに(も)それをしなければならない人に対し、実行時期を先送りし、余裕を与えること

 社会人になり、働くようになれば学生期間中に猶予で払わなくて済んだ分を払わなければいけないのです。個人的に、収入のない学生にまで支払いをさせるような制度は何かおかしい気もしますが......

 大学生の時に月に少しずつ年金を支払うのか、後でまとまって払うのかを選ぶことが出来ます。ここで注意しなければいけないのは、奨学金を借りている人は毎月奨学金+年金の支払いがあるということです。

 現在の保険料は、16260円なので年間に195120円払わなければいけなく、二年間猶予したとしたら390240円になります。この事を頭において置くことが大切です。

 

払わないとどうなる

 年金保険料を払わないことで、老後の生活がとても大変なものになってしまいます。収入がない高齢者は、年金で暮らさなければいけないという事をしっかりと理解しておきましょう。