読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに

気ままにブログ更新をしています。

一ヶ月書いてみて分かったブログ書き続けるコツを紹介

 ブログを一ヶ月やってみて、継続することが難しいということを実感する事が出来ました。アクセスが伸びないとなると、なおさら継続するのが難しくなってしまいます。

 私が一ヶ月ブログを続ける中で、どのように書き続けたのかを紹介したいと思います。ブログを書き始めた方で、モチベーションが続かない方などに読んで欲しいです。もちろん、それ以外の方にも。

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK85_MBAdesagyou20140312_TP_V.jpg

 

目次

モチベーション維持する為には 

 ブログを書き続けると言うことは、とても大変なことです。アクセス数がほとんどない状況が続くなどすると、とても書く気にはなれません。私が一ヶ月書いてみて感じたことは、以下の二点です。

 

・アクセス数を見ない

・書けないと思ったら書かない

 

 ブログを始めた頃は、一日のアクセス数が数人でも嬉しく感じていました。書いたブログを読んでくれている人がいるのか!と思ってました。しかし、それが数週間も続くと、何のために書いているのだろうと思い初めてしまいます。アクセス数が一桁なんて書いていて意味のあるものなのかが、良く分からなくなってしまいます。

 そんな風に思うくらいなら、アクセス数を見ないことをオススメします。私も実際にやってみて、気持ちが少し楽になりました。一日に何回も見ても、増えないものは増えないと知ることが大切です。

 また、ブログを書こうと思っても書けない日もあると思います。日常生活が忙しく書けない日、ネタが思い浮かばない日、やる気が出ない日、色々とあるかと思います。書きたくない、やる気がない時に無理やり書いても苦痛でしかありません。

 嫌な体験をすることで、ブログを書こうとすると書けない思い浮かばないとなってしまうかもしれません。ならいっそのこと、書かないという選択をする事も大切なのかもしれないです。

 書けると思った時に書く、毎日書かなくても良い、という精神でやると楽になれます。

 

ブログを始めた時の事を思い出す

 ブログを書く気力が出ない、アクセス数がないブログなんて書く意味がないと感じてしまった場合は初心に変える事が大切です。ブログを始めた頃を思い出してください。

 最初は、アクセス数の事を考えてはいないと思います。ブログを書くのが楽しかったかもしれません。書く事に一生懸命になりすぎて、自分の書きたいものを書けていないのかもしれませんよ。

 ブログを続けていく中で、アクセス数が伸びるような記事を書かなければいけないと思ってしまったかもしれません。しかし、最初を思い出すことで何のためにブログを始めようと思ったのかを振り返ることが出来ます。

 振り返ることで、心の整理が出来、余裕が出てくると思います。

 

終わりに

 書けないと思ったら、書かないという選択をすることも大切です。無理に書いても、良い記事は書けません。良い記事が書けなければ、当然アクセスも伸びないです。負の連鎖状態になってしまわないように休むことも必要です。

 アクセス数に関しては、最初の内はそんなに気にしなくても良いと思います。私も最初はとても少なく、やる気が出ませんでした。しかし、一ヶ月を少し過ぎ始めた今になって少しずつアクセス数が伸び始めています。

 今がダメでも、ブログを継続することで必ずアクセス数が上がるようになります。書いている内容にも寄るとは思いますが......

  •  ダメだと落ち込むのではなく、自分のことを振り返ってみて無理をしていないかを考えてしましょう。