読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに

気ままにブログ更新をしています。

大学生は部活やサークルをやった方が良いワケとは!

 まず初めに、私は部活やサークルに入っていません。そんな私が感じた大学生が部活や、サークルに入ったほうが良いと思った理由を紹介していきます。

 入っていない側からの目線での紹介ですので、同じような人やこれから大学に入る人たちには参考になると思います。

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/pp_torakkuhashiru_TP_V.jpg

 

目次

 

部活やサークル

 部活やサークルに入るのは、拘束される時間が出来てしまうと感じる人はいるのではないでしょうか。確かに、遊ぶ時間やバイトをする時間は減ってしまいます。やっていなければ、バイトやサークルをする時間を他のことをする時間にする事が出来ます。

 しかし、私はそれ以上のメリットがあると感じたから部活やサークルを紹介します。無駄なものだと感じてしまう人は、しょうがないと思いますが自分とは違う意見を見ることで参考にして欲しいです。

 

メリットとは

 私がメリットと特に感じたのは、交流が出来ると言う点です。大学生になると、友達を作ることはとても難しくなります。クラスと言うものがないので、自然と仲良くなるなんてことはありません。高校生の頃は、毎日一緒に過ごしているため嫌でも仲良くなります。

 しかし、大学生になるとクラスが無いためそんなことはありません。ゼミがあるからと安心しない方が良いです。気の会う人と一緒になる確率なんてかなり低いですし、合計30回くらいしか一緒に居ることがない人とそこまで仲良くなれる確率は低いです。なにより、ゼミの人たちには既に友達が居ると思った方が良いです。

 

 交流が出来ると言いましたが、

・他学科と仲良くなれる

・自然と仲良くなれる

 

 この点がメリットではないでしょうか。大学生は、同じ学科の人と仲良くなれても他学科と仲良くなれる機会なんてほとんどありません。その為、広い交流が出来るのはとても魅力的です。初めて会う人が居るときに、共通の知り合いなどが居ると仲良くなり易いのではないでしょうか。

 高校生・中学生の頃の部活動を思い出してください。一緒に同じ活動をしていると、自然と仲良くなれると思います。そう言った意味でも、友達が作れますし他学科の人とも仲良くなれます。

 

デメリット

・拘束される時間が出来る

・仲良くなれないかもしれない

 

 他にもデメリットがあるかもしれませんが、ここでは特に触れません。

 

交流が増えて良いことはあるのか

 交流が増えて、他学科の人と知り合いになることで良いことがあるのかと聞かれると分からないです。しかし、その内他学科の人と一緒に講義を受けるなんて事があるかもしれません。そんな時に、共通の知り合いが居ると仲良くなりやすいと思います。

 また、友達がたくさん出来るのは良いことだと思います。いざと言う時に頼れる人は多い方が良いです。

 

終わりに

 大学で部活やサークルをやった方が良いと思うのは、知り合いや友達が出来やすくなるからだと思います。バイトでも良いと思いますが、辞めにくくなっては大変です。その為、部活やサークルの方をおすすめします。

 入ることはオススメしますが、変なサークルなどに入ってしまった場合には学生課や警察、先生に頼るようにしましょう。変なサークルに入って良いことなんて一つもありません。早めに辞めるようにしましょう。

 大学生活を楽しく過ごすためにも、部活やサークルを初めてみてはどうでしょうか。