読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに

気ままにブログ更新をしています。

自己防衛!誰でも出来るストーカー対策を紹介!

ライフスタイル 対策

 今の時代いつ、何が起こるか分からない世の中です。特に女性の方などは、ストーカー被害や不審者などが出ると危ないと思います。自分も危ないかもしれないと思っておくことで、対策をする事が出来ます。

 今回は、誰でも簡単に出来るストーカー対策を紹介します。基本的な物を中心的に紹介しますので、参考にしてください。

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/yuka160113524226_TP_V.jpg

 

目次

 

誰にでも出来る対策

 まず初めに、誰にでも出来る基本的なストーカー対策を紹介します。これをやるかやらないかで、少しかもしれませんが確実に差が出ると思います。

 

SNSでは気を付けて

 普段SNSを利用している方は多いと思いますが、やばい使い方をしている人はいませんか。個人を特定できるような情報を知らない内に、全国に発信してしまっているかもしれません。

・位置情報をオンにしている

・今いる場所を発言している

・個人が特定出来るような情報を発信している

・顔写真を載せている

 

 これに心当たりがある方も居るのではないでしょうか。今回はTwitterを例に紹介します。まず、位置情報をオンにしている人は今すぐにオフにするべきです。位置情報をオンにしたまま写真を撮ってしまうと、写真にその情報が残ってしまいます。

 自宅で写真を撮ってしまうなんて事があると、大変危険です。全国の人に自分が住んでいる県、市を知らせているようなものです。また、tweetしたものに位置情報がついているものもあるので気を付けましょう。

 

 今いる場所を発言している人も要注意です。そのツイートを見て待ち伏せをされたり、そのお店に来てしまう可能性があります。今日行ったお店などを発言するのは良いかもしれませんが、今いる場所は控えるようにしましょう。

 

 個人が特定出来るような情報を発信している方は、絶対に辞めましょう。Twitterを見ていると、小学校、中学校、高校、大学などと全て書いている人をよく見かけます。クラスを書いている人も居ますが、自分はどこの誰なのかを全国の知らない人に知らせているのと同じことです。

 また、顔写真を載せている人も居ますが大変危険です。ネットに一度送信したものは、二度と消えることはないと考えましょう。自分が消しても、Googleの画像検索で出てくることや、誰かが保存している可能性があります。

 ネットは自分と友達専用の物ではありません。全国、全世界が繋がっていることをしっかりと認識しなければいけません。

 

防犯アイテム使ってみよう

 先ほど、SNSでの注意点などを挙げました。これだけでも、ストーカー被害に遭う確率は少しでも減ります。もっと防犯対策をする場合には、防犯アイテムをおすすめします。

  まずは、基本的な防犯ブザーを持つことから初めて見てはどうでしょうか。ただ音が出るだけとシンプルな物ですが、悲鳴を上げられない可能性もあるので確実性はあると思います。何かあった時に、あう前にブザーを鳴らすだけで効果はあると思います。

 

危ない道を通らない

 普段住んでいる町、普段通る場所などで危ない道はないかを確認するようにしましょう。周りから隠れるような場所ではないか、街灯もなく夜は真っ暗などと探せばたくさん出てくると思います。

 そういった道を通らないようにすることで、未然に防げるものはあるかもしれません。こういった基本的なことから初めて見ると良いです。

 

おまけ

 おまけとして、護身術などを身に付けることも効果があると思います。実際に練習をしておく事で、いざと言う時に役に立つと思います。そのまま警察に差し出すなんてことが出来るようになるかもしれません。

 女だからと甘く見てきたストーカー、変質者に痛い目を見せてあげると良いです。

 

終わりに

 今回紹介したものは、基本的なものだったかもしれません。しかし、基本的な事もやっていなかった人も居るのではないでしょうか。何かがあってからでは遅いので、今から対策するように心がけるようにしましょう。

 対策をしておく事で、最悪の自体にならないように出来るかもしれません。普段の生活の中でも、防犯意識を持つようにすると良いです。