読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに

気ままにブログ更新をしています。

大学生なら知っておくべき履修登録について

高校とは違う

 高校までは、決められた時間割通りに授業を受けてきたと思います。その為、何もしなくても4月から学校に行って教室に行けば何不自由なく生活できていたはずです。しかし、大学に入ってからはそうは行かないという事をしっかりと認識することが大切です。大学ではクラスが無く、自分で授業も選ばなくては行けないため気をつける必要があります。

http://image.shutterstock.com/display_pic_with_logo/89795/131270519/stock-photo-college-campus-in-the-spring-131270519.jpg

 

履修登録について

 自分で授業を選択することを履修登録と読んだりするところもあります。ここでは履修登録と言う名を使って説明をしていきます。

 履修登録をする際に注意しなければいけないことは、履修登録期間中に行うこと、必修科目を必ず履修することです。いつまでも自由に登録できるわけでは無く、期間が決まっている為その期間中に登録することが求められます。もしも、登録を忘れてしまった場合に後から登録するなんてことは出来ません。その為、期間中に必ず履修登録をして登録忘れがないことを確認しておくことが重要です。

 必修科目については、それを取らないことで進級することが出来ない事があります。必修科目の単位を落とした場合も留年になります。そうならない為に、学科での必修科目は何か、自分の進路に必要な科目は何かをしっかりと把握しておきましょう。

 

友達と相談

 履修登録をする際には、一人で行わずに同じ学科の友達と相談しながら決めることをおすすめします。しかし、友達任せにしたり自分で考えるのを放棄することは絶対にしてはいけません。国家試験のある所では大体同じですが、そうでない所では友達と自分とで必要な講義が異なる場合もあるからです。逆に入った学科によってもう進路がだいたい決まる(国家試験がある)所では、友達とほとんど同じ時間割になります。

 

ぼっちの回避方法、大学での友達についてはこちらでまとめてあります。

 

どうしてもわからない場合は

 友達も居ない、居ても相談できるような人ではない場合や友達も全くわからないこともあると思います。そういった時は、ゼミの先生や学生課で相談、先輩に聞くことで履修登録について解決出来るかもしれません。

 ゼミとは、高校で言うクラスのようなものなのでそこの先生にはどんどん質問して、わからないことがないようにすることをおすすめします。ほとんどの場合、先生もしっかりと面倒を見てくれると思います。しかし、中には「それくれい自分で考えろ」というような態度の人もいる場合もあります。先生の様子を見てから相談をするようにしましょう。

 学生課では、履修登録についての相談をどんどんして大丈夫だと思います。ここでの注意は、人が多くいるときに相談してしまうと受付の人や並んでいる学生に迷惑がかかってしまう事があることです。様子を見て相談をするようにしましょう。

 先輩聞く場合は、サークルや部活に入ってるいる人なら出来ると思います。学科が違っていても、履修登録の基本くらいは教えてもらえると思います。

 

おわりに

 初めてのことで、履修登録の仕方が分からなくて出来なかった。となってしまっては一年間を棒に振ってしまいます。大金を捨てるようなものだという事をしっかりと認識しましょう。そうならない為に、分からなかったらしっかりと聞くという事をすることが大切です。基本中の基本かもしれませんが、それがちゃんと出来るようにしておきましょう。楽しい大学生活になるように、最初のスタートを丁寧に一つ一つやっておくことが重要です。