読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに

気ままにブログ更新をしています。

大学1、2年の内に遊ばないと後悔する理由とは

高校生活と比べて

 大学に入学してみて、高校生の時よりも自由な時間が増えて驚くと思います。バイトをしてお金を稼ぐのも良いですし、サークルや部活に力を入れる余裕も出てきます。もちろん友達と遊ぶ時間も増えるようになり、泊まりがけの旅行に行くなんて事も出来るようになります。車の免許を取る人も多いと思うので、高校生の時より行動の幅は間違いなく増えます。大学で過ごす学生生活は、今まで過ごしてきた時間、そしてこれからの時間と比べても暇な時間が一番多いです。今、遊んでおかないと後悔することになってしまいます。

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/IRIS16011934_TP_V.jpg

 

 

何故、1,2年生で遊んでおくのか

 記事のタイトルを見て、大学生活の全てを遊んではいけないのかと考えた方もいるのではないでしょうか。暇な時間がこんなにも多いのに、何故なのかと思うのは仕方がない事だと思います。しかし、大学3年生になると就職の事、資格試験の事などを本格的に考える時期になります。資格試験はまだ来てない、就職は来年だし、と思っていると翌年に周りから置いていかれてしまうことになります。

 3年生でしっかりと勉強や就職について考えておかないと、四年生になった時に後悔することになります。四年生では、卒業論文を書く事になったり、実際に就職試験を受けたりととても忙しくなってしまいます。その為、一年前から準備して四年時に起こる出来事に備える必要があるのです。そうすることで、後悔することなく物事に対応していくことが出来るようになるのではないでしょうか。

 

遊べる時に遊ぼう

 1、2年生の時に、引きこもってしまって居たり友達との時間をあまり作らないと後悔してしまいます。後でいいや、と考えていてもその後での時間がもう取れない場合があります。それくらい大学生活の後半は、とても忙しいものになってしまいます。その為、単位を取ってさえ居れば良い時期にたくさん遊んでおきましょう。そうすることで、友達との仲も良くなり信頼関係を築けるようになるはずです。その事が、後の辛い時期の励まし合いなどに繋がっていくようになると思います。

 遊べるときには遊んで、後で後悔がないようにしましょう。しかし、単位を落とさないように遊び過ぎないように注意することは必要になります。

 

大学の内にやっておくと良いこと

 大学生はとにかく時間があり、その時間をどのように活用するかでその人の大学生活は変化します。私が大学生活の内にやっておくと、後で良い思い出になると思うことを挙げてみます。

・海外旅行

・国内旅行

・ボランティア活動

・留学

・バイト

 このような活動をしてみることで、良い大学生活を送れるようになると思います。バイトをしてお金を貯める事で、海外旅行にも行けます。逆に、大学生の内にしか海外に行くチャンスはないと言えるのではないでしょうか。仕事が始まってからは、まとまった休みが無くなり、有給を使って行くことになります。そして、友達との休みの都合がなかなか合わなくなってしまう問題があります。大学生の内なら、休みを合わせることは簡単に出来ます。また、海外旅行が難しくても、日帰り旅行や宿泊旅行などに行くことをおすすめします。普段いけないような遠い場所に、友達と行ってみてはどうでしょうか。

 大学生活の中で、ボランティア活動を一回はすることをおすすめします。自分が活動を行うことで、助かる人達が居るという事をよく実感出来る良い機会になると思います。また、社会活動に参加することで様々な世代の人と関われる良いきっかけにもなると思います。大学内では味わえないような、刺激を受けることで今後に繫がる体験が出来るのではないでしょうか。

 バイトや留学については、今回は省きますが行きたいと考えている方などは調べてみたり、学生課に聞くことを勧めます。